ヘラって垢消しサイクル

ポケモンについてかきます

ブログトップ

smのS1からレートを始めました。


S7 最高189x
S8 最高2060 低速バンギレヒレ(現在非公開)
S9 最高2006 ポリゲン展開ジャラランガスタン(現在非公開)
S10 最高2067 グライグロスタン(現在非公開)
S11 最高1984 ポリクチ運ゲ
https://scarf-poke.hatenablog.com/entry/2018/09/11/030016
S12 最高2106 グロスグライコントロール
https://scarf-poke.hatenablog.com/entry/2018/11/08/060033

サブロムtn
S7〜10 peni☆scarf♂
S11 ♣︎ZettenaB♣︎
S12 avoid

s12使用構築 グロスグライコントロール[最高&最終2106]

s12お疲れ様でした。
自信初の2100を達成することが出来ました。



構築経緯
使い慣れたポリグライ@1でカバマンダに安定させたかったので襷フェローチェにたどり着いて採用。
後はテテフやミミガッサなんかに勝つために補完としてメタグロス
バシャロップを見たりpp枯らしのサイクルを形成できるドヒドイデ
バレルクレセゴーリ、ミミガッサへのさらなる安定、ジャラランガ等を意識して最速身代わり瞑想レヒレを採用した。



並び

メタグロス@石
性格 陽気
特性 クリアボディ→硬い爪
技構成 アイヘ/バレット/地震/岩封
165(76)-188(180)-170-×-130-178(252)


グライオン@毒玉
性格 慎重
特性 ポイズンヒール
技構成 地震/岩封/羽/ギロチン
177(212)-117(12)-146(4)-x-138(244)-120(36)


ポリゴン2@進化の輝石
性格 図太い
特性 トレース
技構成 イカサマ/電磁波/冷b/再生
191(244)-×-156(252)-125-160-82(12)


ドヒドイデ@黒いヘドロ
性格 図太い
特性 再生力
技構成 熱湯/自己再生/黒い霧/どくびし
157(252)-×-224(252)-73-147(4)-55


フェローチェ@襷
性格 せっかち
特性 ビーストブースト
技構成 膝/ライナー/冷b/蜻蛉
147(4)-189(252)-51-157-57-223(252)


カプ・レヒレ@水z
性格 臆病
特性 ミストフィールド
技構成 ドロポン/ムンフォ/瞑想/みがわり
151(44)-×-135-142(212)-150-150(252)


以下個別紹介



メタグロス
ぽけっとふぁんくしょん!

メガメタグロスメタグロスナイト(かたいツメ・ようき)
165(76)-188(180)-170( )-112( )-130( )-178(252)
アイアンヘッドバレットパンチ/じしん/がんせきふうじ


調整意図
a…171-171グロス地震で高乱2で落とす
h…特化ミミのシャドクロZを75%で耐え

起点回避とリザードンを意識した岩石封じ、終盤の詰め筋にしやすいようにバレットパンチを採用。
元々使用していたa181のグロスだとミラーが不安だったので、耐久が落ちすぎない程度にaに割いた。
(a181地震がh171グロスに76%の乱2)
殆どのメタグロス地震2発で落とすことができたので良かったと思う。



グライオン
ぽけっとふぁんくしょん!

グライオン@どくどくだま(ポイズンヒール・しんちょう)
177(212)-117(12)-146(4)-×( )-138(244)-120(20)
じしん/がんせきふうじ/ハサミギロチン/はねやすめ

調整意図
h…ポイヒ効率最大
a…余り
d…ぶっぱ
s…s−1最速グロス抜き

カバリザyや起点回避を意識した岩封を採用した。
この構築は相手のギロチングライオンに対してこのグライオンでしか勝てない為、ミラーを意識してsに多めに振った。
一度だけ同系統の構築でこのグライオンより早いhdグライを見たが、それ以外の全てのhdグライオンに上を取れた。




ポリゴン2
ぽけっとふぁんくしょん!

ポリゴン2@しんかのきせき(トレース・ずぶとい)
191(244)-×( )-156(252)-125( )-115( )-82(12)
イカサマ/でんじは/れいとうビームじこさいせい

調整意図
hb…ぶっぱ
s…麻痺った最速ミミ抜き

グロスミミ辺りへの役割遂行、起点回避を意識して電磁波を採用。
挑発ボルトで詰まない為にトレース。
麻痺下の最速ミミを抜くためにhbの余りをsに割いた。
メタグロスに関しては誤魔化せる駒くらいの認識。意地グロスに受け出しでは基本的に勝てないと考えて使用していた。




ドヒドイデ
ぽけっとふぁんくしょん!

ドヒドイデ@くろいヘドロ(さいせいりょく・ずぶとい)
157(252)-×( )-224(252)-73( )-163(4)-55( )
ねっとう/じこさいせいくろいきり/どくびし

調整意図
hb…ぶっぱ
d…余り

dに大きく割いた呑気の毒突き個体を最終日まで使用していたが、選出する機会が絶望的になかったので最終日にどくづき→どくびしに変更。
個体の準備が間に合わなかった為hb特化。
適当な変更だったが何戦か拾ってくれたので良かったと思うが、正解だったとは思えない。
一時期磁力チョッキジバコイルにして使用していたが、ミミロップや受け構築に今まで以上に勝てなくなったので戻した。



フェローチェ
ぽけっとふぁんくしょん!

フェローチェきあいのタスキ(ビーストブースト・せっかち)
147(4)-189(252)-51( )-157( )-57( )-223(252)
とびひざげり/ドリルライナー/れいとうビーム/とんぼがえり

調整意図
as…ぶっぱ
h…余り

ゲンガー、コケコを意識してドリルライナーを採用。
最後まで命中不安に頭を悩まされた。
中盤までさみしがり個体を採用していたが、メガフーディンや準速スカーフランド、テテフを抜けずに負ける試合が一定数あったのでせっかち変更。
ゲッコウガの手裏剣を意識してb下降補正を選択。
火力が足りなくて負けに直結する試合は恐らくなかったと思う。





カプレヒレ
ぽけっとふぁんくしょん!

カプ・レヒレ@ミズZ(ミストメイカー・おくびょう)
151(44)-85( )-135( )-142(212)-150( )-150(252)
ハイドロポンプムーンフォース/めいそう/みがわり

調整意図
h…d+4で無振りバレルのクリスモをみがわりが2耐え

バレルクレセゴーリのような構築を相手にするために最速を取ってみがわりを採用した。
クレセリアを起点にして詰ませに行く。
単体だと不安定なので対策と呼べるほどではないが、裏にグロスを置いたりしてなんとかしていた。
ギルガルド入りにグライオンが出せない時は、グロスポリレヒレのような強引な選出を通しに行ったり。





選出、立ち回り


vsマンダ軸
グライオンのギロチン、もしくはフェローチェを通すことを意識していた。


・カバマンダガルド
グライポリ2@1

よっぽどのことがない限りはフェローチェを投げた。
先発でフェローチェを投げてコケコツルギを気合いで潰す。
カバマンダガルド選出にはギロチンを当てないと勝てないが、レヒレがある程度牽制してくれるはず。
かなり有利を取れるはずだったが、かなり減少してしまって思うように勝率を伸ばせなかった。

・マンマンガルド
グロスポリ2レヒレ

マンムーにポリ2を投げないように立ち回る。
ガルドは殆ど弱保だと判断して立ち回っていた。
グライオンを投げてしまうとはたきor毒マンムーに容易に崩される為、選出することができない。

・マンダナットドラン
グライポリ2@1orフェロ@2
ギロチンを当てて崩すか、フェローチェを通すかを裏次第で決める。



vsグロス
グロスを通す上で弊害になる受けを裏で崩すことを意識していた。

・ヒトム入り
グロスヒレポリ2

グライポリ2ドヒドのような受けで固めた選出をすると意地アムハングロスが受からず、かなり厳しい試合を強いられるため、グロスを誤魔化すためにグロスを投げる。
ヒトムグロス対面が出来た時に押される技が殆どめざ氷もしくは炎zだったので、レヒレを強引に投げて誤魔化していた。
立ち回りがバレてる再戦なんかが非常に辛かったように感じる。

・リザxグロス
グロスヒレポリ2

メタグロスから投げてグロスなら地震、リザならレヒレかポリ2に下げていた。
グロスが削れたせいでみがわりポリ2に崩されることが何度かあったのでポリ2から投げるといいのかもしれない。




vsカバリザ
グロスヒレorグライ@1

選出段階でなんとなく型を判断する。
yならグライを投げてリザへの交代側にがんせきふうじを当てて崩す。
xなら@1にポリ2とか投げて誤魔化されないように頑張る。




vsクチート
グロスヒレクチートを誤魔化す。

・ポリクチミミガッサ
グロスヒレポリ2

ヒレグロスで上手く誤魔化す。
ヒレがガッサの上を取れているので簡単に拾える試合が多かった印象。

・ラティクチ(サイクルクチート)
グロスヒレ@1

@1はポリ2を投げることが多かった。
ヒレで積んで崩すことが多かったと思う。




vs受け構築
グライ@2

グライのギロチンを通せない受け構築には基本的に勝てない。
ポリグライグロスドヒドミラーではグロスグライポリ2で投げていた。





辛いポケモン、並びとか

・ギロチングライ
ギロチングライをギロチングライでしか見れない。みがわりされると完全に詰む。
ギロチンを先に当てることを祈る。

オニゴーリ
グロスはゴーリに勝てません( ╯︵╰)

・滅びゲンガー+レヒレ
ドヒドでしかレヒレを後出しから見れないので厳しめ。
頑張ってフェローチェの一貫を取る。

・バシャバトン
ステロからやどみがエアスラカグヤに繋げられると手のつけようがない。
バトン側にギロチン当てるくらいでしか勝てない。

剣舞バシャ
地震やなりpあると簡単に一貫を作られてしまう。




結果
メインtn scarf 最高&最終2106 45位
サブtn avoid 最高2085 最終2020(最高は撮り忘れ)


最終日にチキンレースで2ロム2070↑まで上げる事が出来ました。



感想
自身が目標としていた2100が達成出来て非常に嬉しいです。
数シーズンぶりに2ロム20に載せることができ、最終盤はほぼ全ての試合を20帯でこなすことが出来ました。
初めて21台の方とマッチングしたり、かなり充実した最終日でした。めちゃくちゃ楽しかったです。

かなり自信のある構築でしたが、主な仮想敵であったカバマンダがかなり減少してしまって思うように勝ち切れませんでした。
記録としては満足の行く数字ではありますが、理想的な勝ち方が出来なかったので上振れだと言われても仕方ない成果だと思います。
来期以降は自分が納得できる構築で21達成を目標に頑張ります。

火曜朝の7時30頃に21を達成したのですが、自分の構築に自信を持てなかったのでその時のレートで保存しました。
2106より上はまた機会に恵まれたら挑戦してみたいと思います。




Special thanks
最終日の通話窓の皆
みがわり瞑想レヒレを提案してくれたルカさん


https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-43BF-A045
qr公開してみました。良ければ使ってみてください。

閲覧ありがとうございました。
何かあれば@scarf_seedまでお願いします。

s11使用 ポリクチ運ゲ

こんにちは、今更ですがS11お疲れ様でした。
書く予定はなかったのですが一応記録として残しておこうという事で記事にしようと思います。

経緯
少し前から興味があったポリクチミミガッサゴーリ@1から色々構築を練っていました。
その中でもしっくり来た眼鏡アーゴヨンを採用することを決めて、そこから型を決めていきました。




f:id:scarf_poke:20180912024202g:plain
ポリゴン2@しんかのきせき
特性 ダウンロード
性格 控えめ
実数値 191-x-124-129-116-96
努力値 244-x-108-28-4-124

でんじは/トライアタック/シャドーボール/じこさいせい

調整意図 a143ランク+2ミミzが12.5%、麻痺ったゲコ抜き

中途半端なアタッカーポリ2。
ゲッコウガに対する引き先、最低限のオニゴーリの起点作り、メタグロスに厚くしたかった等が採用理由です。

ミミッキュに仕事をされないようにa143の+2ミミzを高乱で耐える調整にしました。
一応+2ミミzを耐えてからの麻痺待ちができるので、対面からでは裏で処理できる程度に仕事ができました(ちなみにこのポリ2のシャドボ2発ではミミッキュが落とせません。)

構成は、起点回避とオニゴーリの起点作りの為に電磁波、一致技で高範囲に打点がとっていけるトライアタック、メタグロスミミッキュへの打点を意識してシャドーボール、麻痺待ちができたり最終的に詰ませることもできるじこさいせいを採用しました。
刺さっている構築にはこのポケモンで3タテなんてこともありました、能動的な麻痺撒きはあまり想定されなかった印象を受けます。


トライアタックのおかげで麻痺の入らない電気なんかにもしっかり打点を取れたりする所は良かったのですが、瞑想コケコに起点にされてしまうのが辛かったです。
選出する場合は裏に行動保証持ちのミミッキュキノガッサを置くことを意識しました。


トラアタで状態異常を引いた記憶はあんまりないですがたくさん電磁波を当ててくれました。




f:id:scarf_poke:20180912024227g:plain

クチート@メガストーン
特性 いかく→ちからもち
性格 いじっぱり
実数値 157-151-146-x-130-75
努力値 252-100-4-x-116-36 (メガ後)

調整意図 d振りのあれ(サックーさんが昔使ってたやつだと思う)

じゃれつく/はたきおとす/ふいうち/ほのおのきば

この構築のメガ進化枠で、選出しないとパワーが出ないので1番選出していました。
鋼メガと対面向きの性能が採用理由ですが、不利対面を取ってしまうと殆ど仕事ができなかったので扱いが難しかったです。

調整はいつしかのサックーさんの調整を参考にしました。変えるのが面倒だっただけなのでhaベースが良かったと思います。

構成は、メインウエポンのじゃれつく、必須だと考えている先制技のふいうち、後は色々変えながら使っていましたが、最終的に1番使いやすかったはたき炎牙になりました。

このポケモンをメガ枠にしたことで、半分実持ちのビルドランドなんかがかなり重くなってしまったのでれいとうパンチなんかを採用しても良かったのかと思います。
僕は上手く使えずに打つタイミングがわかりませんでした

確率通り当ててくれるえらい子でした。
ちなみに雄です。これ言うとわりと怒られるんですけど僕は普通に雄もありだと思います…



f:id:scarf_poke:20180912024243g:plain


ミミッキュ@ゴーストz
特性 ばけのかわ
性格 いじっぱり
実数値 131-156-100-x-125-148
努力値 4-252-0-x-0-252

つるぎのまい/シャドークロー/じゃれつく/かげうち

シンプルなas振りのゴーストzミミッキュです。
入れない理由がないので採用しました。

行動保証がめちゃくちゃ強かったのですが、ボーマンダには普通に対面負けしてしまう上ストッパーすら怪しいのが弱く感じました。
鋼への打点を考えてゴーストzを採用していたのですが、でんじはを採用したミミッキュzなんかでも良かったのかもしれません。



f:id:scarf_poke:20180912024258g:plain


キノガッサ@きあいのたすき
特性 テクニシャン
性格 ようき
実数値 135-182-101-x-80-134
努力値 0-252-4-x-0-252

キノコのほうし/タネマシンガン/がんせきふうじ/マッハパンチ

此方も襷枠としてメジャーなキノガッサ
もともとミミガッサから組んだので此方も特に疑問を持たずに採用していました。

陽気での採用理由はボックスにいたからなのですが、ミラーで上を取れたり準速キノガッサ意識のポケモンを抜けたり、かなり使い勝手が良かったです。
上を取っているポケモンには運次第では無償突破できたらととても優秀でした。
ゴーリの起点作りもよくこなしました。



f:id:scarf_poke:20180912024312g:plain
アーゴヨン@こだわりメガネ
特性 ビーストブースト
性格 臆病
実数値 149-x-93-179-93-190
努力値 4-x-0-252-0-252

りゅうせいぐん/ヘドロウェーブ/だいもんじ/とんぼがえり

ポリクチミミガッサの並びではかなりメタグロスやカプ・コケコが重くなってしまうので、そのあたりを意識できる眼鏡アーゴヨンを採用しました。

メタグロス軸に対して取り巻きにも強く出れて良かったです。
技外しが負けに直結する上に打たないといけない場面が多く運負け製造機かと思われましたが、ほとんどの大文字を当ててくれました。えらいかわいい




f:id:scarf_poke:20180912024330g:plain


オニゴーリ@たべのこし
特性 ムラっけ
性格 臆病
実数値 177-x-100-100-111-145
努力値 172-x-0-0-84-252

フリーズドライ/ぜったいれいど/まもる/みがわり

最強の誤魔化し枠†オニゴーリ†です。
ポリクチミミガッサに足りない崩し性能を補ってくれたり、厳しい構築や簡単に倒せそうな構築には投げました。

調整はsmの頃育成した個体なので覚えていませんが、これで困ったことは特にありませんでした。

今期はあまりオニゴーリが刺さる受け回しが少なかった印象です。僕の使い方も下手で綺麗に処理される事が多かったように感じます。
あまり強引な交代読みなんかはせずに無難に立ち回っていましたが、展開の仕方が下手でうまく施行回数を稼げませんでした。

カバマンダにはウルガがいない限り投げていましたが、
あまり勝率は良くなかったです。
運にかなり依存するポケモンを上位構築に投げるのが間違っていたのかなと思います。


TN ♣️ZettenaB♣️
f:id:scarf_poke:20180911022417j:plain

最高1984最終195x

選出は色々試しながらだったのであまり覚えていないので書きません。


あと語り
今期終盤はとにかく20に乗ることに必死すぎてかなり焦っていて、構築を見直す余裕があまりありませんでした。
構築が無くなって急遽最終日前日くらいに組んだので穴だらけってレベルじゃないです、19帯で戦うのが限界でした。
もう少し余裕を持って最終日に臨みたかったですし、連続20も止まってしまって非常に悔いが残ります…




まあなんだかんだ楽しかったんですけどね。
ちゃんと早めに構築組もうなS12の僕…




すぺしゃるさんくす

最終日通話してくれたひと
最終日一緒に朝まで潜ったれすてぃんとかさくさんとか
個体貸してくれたねこわらび
構築相談に乗ってくれたふどみょん君
応援してくれたひと


感謝!

bs激流ゲッコウガ

S11で使用していたゲッコウガについて


実数値 149-×-101-140-92-191
努力値 12-×-108-132- 4-252

構成 カノン みがわり 熱湯or悪波 手裏剣or毒

調整意図
hb
特化メガグロスバレットパンチ確定耐え(20.8〜24.8)
特化メガガルの親子愛不意打ちを確定耐え(20.8〜24.8)
特化メガラグのじしん確定耐え(83.2〜98.6%)
特化ランドのじしん確定耐え(81.2〜96.6%)
特化ミミのシャドクロ確定耐え(20.1〜24.1%)
特化ゲコの一致蜻蛉12.5%耐え(85.9〜102%)
a143ミミの+2かげうちを身代わりが耐え

c
カノンz
131-125ミミに81.2%の乱1
153-105リザxに93.7%の乱1

激流カノンz
だいたい吹き飛ぶ!




もともとの調整先としてはグロスのバレットだったが、計算してみたら結構必要でダメ計したら色々耐えて強そうだったのでこのまま採用してみた。
特殊に関しては耐えたいところがこれと言って思いつかないかったのでbsベースになった(火力が結構ギリギリ)

調整先に書いてあるのは全部活きた(と思う)
地震で落とせると思い込んでるラグをわからせることが出来る。